中古マンションをリフォームする際の注意点

終の棲家は自分好みにアレンジして

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ここはできません

リフォームしたい箇所の一番は、キッチンを中心とした水周りではないでしょうか。 おしゃれなキッチンは、毎日の調理が苦痛でなくなります。 トイレとバスルームも重要です。 しかし、水周りのリフォームはマンションならではの注意点が存在します。 水周りの注意点を確認してみましょう。

天井の高さは変えられません

マンションの場合、天井の高さは決まっています。 ロフトを設置したり、二階を作ったり、地下室を作ったりはできるのでしょうか。 答えは不可です。 しかし、ロフトや地下があればその分部屋が広く使えます。 ロフトや地下に代る方法がないか検証してみましょう。

できる?できない?

新築物件や戸建て物件と違い、中古マンションのリフォームは、出来ないことも多々あります。それはどのような場合なのでしょうか。 また出来ない場合、それに代替案はあるのでしょうか。 この場合は出来る?出来ない?を一つずつ検証していこうと思います。 参考になれば幸いです。

一番やりたいところです

マンションをリフォームする際に、気を付けなければならないのは、マンションには戸建ての物件と違って共用部分があるということです。
エントランス、エレベーター、階段、玄関、通路、ベランダ、ゴミ置き場、自転車置き場、これらは全て共用部分です。
対してリフォーム可能なところは占有部分といいます。
共用部分は、変更することはできません。
共用部分に私物を置くこともできません。
なので、例えば、玄関前に自転車を置くスペースを設置したいと思っても置くことが出来ません。
ベランダにガラス窓をつけてテラスのようにしようと思ってもすることは出来ません。
マンションによっては、ベランダに布団を干すことすら禁止されているところもありますので注意が必要です。
また、玄関のドアを変更したり、窓の位置をずらしたりということも出来ません。
そういった共用部分に注意して設計図をひく必要があります。
玄関の扉を変更することは出来ませんが、部屋側から見た玄関の扉の色を変更することは出来ます。
新聞受けが付いている部屋の場合、扉を交換することは出来ないので、防犯のため、内側から完全に塞いでしまう方がよいでしょう。
窓の位置はずらすことは出来ませんが、窓ガラスを変えることは出来ます。
ただし、これは建物自体のルールによって禁止されているところもありますので事前に規約を確認する必要があります。
共用部分と占有部分の違いを知り、ルールを守って正しくリフォームすれば、問題はありません。