中古マンションをリフォームする際の注意点

終の棲家は自分好みにアレンジして

天井の高さは変えられません

二階の代わり

部屋の中にシースルー階段があって、ロフトや二階に上がる部屋に憧れますが、マンションの場合は、天井の高さを変えることが出来ないので部屋の中に階段を作ることは難しいです。
ロフトスペースを作ることは出来ないことはないのでしょうが、天井が近くて狭いロフトになってしまうし、あまり意味があるとは思えません。
二階を作ることは不可能です。
しかし、部屋を広く見せる為には、床に置く物を少なくする必要があります。
つまり収納場所を多くとる必要があります。
ロフトの代りに、ウオークインクローゼットやシューズインクローゼットを作ると収納場所が増え、部屋スペースが広くなります。
また窓のガラス部分を多くすると部屋が広く見えます。

地下室はだめでも

地下室を作ることも同様です。
床に隠し扉があって、そこを開くと地下に降りていけるなんてことは、マンションの場合は、はじめからそういうつくりでない限りは、難しいでしょう。
新築物件の場合は、下の部屋も同時に購入すればそういったことも可能でしょうが、下に人の住んでいる中古物件の場合は不可能です。
ただし、空間があれば床下に収納スペースをつくることが可能です。
床下収納は、部屋の温度に左右されにくいので、保存食品などを置いておけるので便利です。
またどうしても部屋に収納スペースがとれない。
尚且つ、物がたくさんあるという人は、とっておきの裏技ですが、トランクルームなどの外の収納スペースを利用することをお勧めします。
なぜなら、上にも下にもこれ以上の収納スペースを確保することは難しいのですから。